ウォシュレットやシャワートイレの水漏れ対処法

日本におけるウォシュレットやシャワートイレの普及率は8割近いとされ、昨今では付いていないほうが珍しい状況になりつつあります。そんな身近な存在だからこそ、水漏れなどのトラブルに遭遇したときの対処法は知っておきたいものです。
なお、ウォシュレットやシャワートイレなどは各メーカーの商標であり、一般的には温水洗浄便器と呼ばれています。豆知識として知っておいても損はしません。

■トラブル時にまずすべきこと

ウォシュレット 水漏れの原因は数多くありますが、どのようなケースでも真っ先にすべき対処法があります。ひとつは止水栓を閉めることと、もうひとつは電源プラグをコンセントから抜くことです。止水栓を閉めておけば大量に水があふれるといったトラブルを防ぐことができ、電源を切っておけば感電や漏電の二次被害を防止することができます。止水栓の場所がわからなければ水道の元栓を閉めても構いません。



■自分でできるトラブル対処法とは

ウォシュレットの水漏れは、ノズルか本体いずれかに問題があります。業者を呼ぶ前に確認しておきたいポイントを頭に入れておきましょう。
まずはノズル関連です。ノズルから水が放出されてとまらないケースだと、リモコンの電池切れが原因の場合があります。便座の脇にボタンがあるタイプはコンセントから電源を取るため電池切れはありませんが、壁などに設置している場合には発生のおそれがあります。ボタンを押しても水がとまらないようなら、リモコンの電池を交換してみましょう。
本体部分から水漏れしているケースは、基本的には業者に依頼するようにします。濡れた手で電気コードを触る作業は、素人が下手に手を出すと大事故にもつながりかねないので注意が必要です。
どんな状況であれ、止水栓を閉めて電源プラグをコンセントから抜く、この二点は応急処置として実行しておき、床への浸水や下の階への漏水などの二次被害を防ぐことは大切です。


■まとめ
ウォシュレットの水漏れは解決が難しいため、基本的には業者へ頼むのが無難と言えます。まずは落ち着いて二次被害を防ぐための対応を取り、速やかに業者へ相談するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ