水漏れを防ぐ代表的なトイレのタイプとは

トイレの種類は大きく3つに分けられます。自宅の排水方法によって選べるタイプが異なるため、トイレの交換時には床排水か壁排水かを先に調べておくと良いでしょう。一般的には、マンションだと壁排水、一戸建ては床排水のケースが多いです。

■費用対効果に優れる組み合わせ型トイレ

タンクと便座と便器がそれぞれ別々になっているスタンダードなタイプです。もし水漏れなどのトラブルにより修理が必要になっても、破損した部分だけを交換できるため費用対効果に優れます。それぞれの部分を好みに応じて組み合わせられるのもメリットです。ほこりが溜まりやすい形状をしているため掃除しにくい点には注意が必要です。




■デザインが洗練されたタンク一体型トイレ
組み合わせ型をデスクトップパソコンとするなら、こちらは一体型パソコンで、タンクと便座と便器がひとつにまとまっています。組み合わせ型と比べて継ぎ目が少なく、掃除しやすいというメリットがあります。その反面で、一体となっている関係上、部分ごとの交換ができません。もし水漏れなどのトラブルが起こった際には、全体を交換するか、業者による部分的な修理が必要になります。

■タンクのないタンクレストイレ

タンクがなく便座と便器のみのタイプです。タンクがないためほかのタイプと比べて掃除の手間も少なく、コンパクトなのでトイレを広く使えるメリットがあります。水道と直結している構造上、連続で水を流せる仕組みにもなっています。しかし、トイレ内に手洗い器がないため、洗面所で洗う運用にするか、別途トイレ内に手洗い場を設置する必要があります。




■まとめ
自宅に合ったトイレを選ぶことで、水漏れなどのトラブル時にも適切に対応できるようになります。それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自宅の環境に応じた最適なトイレを選ぶようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ